群馬県 館林 塾 学習塾 みどり学習会 中学受験 高校受験 大学受験 個別指導 自立学習 定期テスト対策 学習会

人助けも楽じゃない(3)

人助けも楽じゃない(3)

人助けも楽じゃない(3)

そうこうしているうちに、カルピス近くのGSに着いた。
おじさんの言う通りそこにはコンビニが併設してあり、店内は明るく人のいる気配もした。
おじさんは、
「じゃ行ってきます。」
と言って車から降り、もうこれで大丈夫と思ったのか、
意気揚々と店内に入っていった。

ところが、待てど暮らせどなかなか出てこない。
時間にしたら、わずかかも知れないがえらく長く感じた。
どういうことかなとかってに想像した。

1、(おじさんの身なりがあまり貧相だったので、店員が疑い相手にしなかった。)
2、(おじさんと店員が意気投合して世間話に花が咲いた。)
3、(実は店員はいなかった。おじさんは必死に中を物色していた。)

しかし、どう考えてもどれも当てはまりそうになかった。
仕方がないので、車から降り店内に入ってみることにした。

ちっちゃなコンビニで、店内は商品もわずかで簡単な軽食とコーヒーが飲める
程度の構えだった。
店員は2名いて、一人は30代くらいの男の人、もう一人は20代の女の人
(実は、若作りしているが30代後半で化粧でごまかしていたのかもしれない。)がいた。

おじさんと、店員がにらみ合っているのが目に入った。
おじさんは、
「売ってくれなくちゃ困るよ。車が動かないんだから、家に帰れないんだから。」
と盛んに自分の都合をすごい剣幕でまくし立てているようだった。
「さっきから何度も言ってるでしょう。だめだって。」

「それじゃ困るんだよ。何とか売ってくれよ。」

タンクがなくて売れないのかもしれないと勝手に想像し、
「ペットボトルなら車にあるけど、それじゃだめ?」
と言ってみた。
「そうではなく、ここに来た車に直接入れるしかセルフの店はできないんですよ。」
「もし、持ち帰りで売ったら営業停止になっちゃうんですよ。
法律でそうなってるんでから。」

そういうことか、それならいくら粘っても駄目だと思い、おじさんに、
「法律でそうなってるんだから、しょうがないよ。何とか次の手を考えましょう。」
と言って、あきらめるよう促した。
おじさんは、しぶしぶ「弱ったな。」と言いながら、肩を落として出てきた。

「私の職場に、灯油を入れるポンプがあるから、それで入れてみましょう。」
「ああそうですか。ほんとにすみません。」
と言って、少し希望が持てたらしくて、明るいトーンになってきた。

コメント



認証コード7252

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional